HOME>イチオシ情報>妊娠の確率を上げるために専門医の元で治療を行う
院内

不妊の定義や治療法

一般的な夫婦生活を行っていたとしても2年以上妊娠しない場合は不妊とされますので、子供を授かりたい場合は早めに専門クリニックで不妊治療を行うことをおすすめします。特に女性の場合は妊娠できる年齢が限られているので、早期の治療が鍵となります。横浜には不妊治療を行っているクリニックがたくさんありますので、まずは夫婦揃って受診することをおすすめします。原因を知ることが第一歩となるのです。女性が不妊の原因とは限りません。データによると男性が原因による不妊も同じ割合生じています。そして不妊の多くが原因不明ともされているのです。原因が判ればそれなりの治療から開始しますが、男女ともに肉体的な原因が見つからない場合はまずタイミング法から始めるのが一般的です。確実な排卵日を特定してタイミングを取ることで妊娠率がグンとアップします。

治療にかかる費用について

不妊治療は一般的には保険の対象外になります。妊婦健診にも言えることなのですが、病気や怪我で受診する訳ではないので実費になることが多いのです。そのため治療法によっては高額な費用が発生することも珍しくありません。検査に関しては保険適応されるものもありますが、体外受精や顕微授精に関しては高度不妊治療に認定されていて費用についても一回の治療で数十万円かかります。自治体によって助成金が発生しますので、不妊治療を行う際には自治体の補助システムを調べるべきです。収入や年齢によっては助成金が発生しない場合もあります。タイミング法や体内受精から不妊治療を行うのが一般的ですが、女性の年齢によっては最初から高度不妊治療を行うケースもあります。横浜では多くのクリニックがありますので、まずはカウンセリングを受けることから始めましょう。